スポンサーリンク
ビジネス

人に最も嫌われるコミュニケーションは人に最も好かれようとするコミュニケーション

人に最も嫌われるコミュニケーションは人に最も好かれようとするコミュニケーション
ビジネス

できない理由は無限に思いつく

何かを新しくチャレンジするのはとても勇気のいることだ。できない理由はそれこそ無限に思いつく。できない理由を一つ潰せたとしても次から次へとできない理由が思い浮かんでしまう。だから「できない理由は無限に思い浮かんでしまうものだ」ということを最初に認識しておくことが大切だと思う。
ビジネス

これからの時代、勉強するなら英語より数学

社会人になっても勉強をすることは大事である。ただ英語を学び始める人も多いがその選択肢は私にとって疑問符がつく。なぜなら、まったく英語が話せない私が今から英語を学び始めてもビジネスで使えるレベルになるのは5年くらいかかると思うが、今から5年あればまったく違和感のない自動翻訳が実用化されていると思うからだ。
ビジネス

怠けても許される環境を与えると人は必ず怠ける

管理職という立場で仕事をしていて思うことは、怠けていい環境を与えてしまうと人は必ず怠けてしまうということだ。しかも一度怠けていい環境を作ってしまうと、そうでない環境に戻すことは難しい。たくさん仕事をしても、少しの仕事しかしなくても、給料が変わらないなら人は頑張らないし、一度怠けることを許してしまうとほとんどの人は際限なく怠けてしまう。
ビジネス

アウトプットの重要性

前回10秒を大切に生きようという記事で、10秒あれば何かしらの情報をインプットできるという話をした。スマホが登場して、それ以前と比べて遥かに情報のインプットをしやすくなった。そこでより重要になってくるのはアウトプットである。情報はインプットした後、アウトプットして初めて身につくものだと思っている。インプットをするならアウトプットをしなければいけないし、そのバランスが大切になる。
ビジネス

10秒を大切に生きよう

スマホの登場により、人々の時間間隔がどんどん圧縮されているように感じている。かつては10秒という時間があっても特に何かができるわけでもなかった。しかし今はスマホの登場により、10秒あればニュース記事が1つ読めるし、ツイッターのツイートもいくつか読むことができる。ちょっとした空き時間でも何かをインプットできるようになったのは世の中の大きな変化である。
ロードオブザリング

番外編 その他キャラクター -ロードオブザリング強さランキング-

最後に具体的な強さの推定が困難でランキングには入れられなかったが、実力的にはランクインが確実であろうキャラクターでかつ記事にするほど情報量がないキャラクターをまとめていく。・イルマレヴァルダ(エルベレス)の侍女のマイエ。ヴァリノールのマイアールの中で、エオンウェと並んで最も格の高いマイア。だがそれ以外のエピソードがまったくないw。順位的にはエオンウェに次ぐ12位くらいだろうか。
ロードオブザリング

番外編 アムロド、アムラス -ロードオブザリング強さランキング-

フェアノールの6男と7男で双子の兄弟。共に優れた狩人であった。アングバンドの包囲の間は後にエストラドと呼ばれる東ベレリアンドの南の地にアムラスと共に定住し、ほとんど北方に出ることはなかった。ダゴール・ブラゴルラハではカランシアと共にその地から撤退。更にニアナイス・アルノイディアドの敗北の後は他の兄弟たちと共にエレド・リンドンの山麓に逃れて緑のエルフと交わり、森の国の暮らしを行うようになる。
ロードオブザリング

番外編 女性ヴァリエア -ロードオブザリング強さランキング-

女性のヴァラールであるヴァリエア。彼女達は具体的な強さ描写がないのでランキングに入れることは断念したが、実力は相当のものだと思われる。特にアルダの大地に育つありとあらゆる動植物を司り、大地の女王と呼ばれるヤヴァンナ。そしてヴァリエアの中で最も偉大な存在であり、星々の女王と呼ばれるエルベレス(ヴァルダ)は男性の上位ヴァラールと比べてもひけを取らないのではないか。
ロードオブザリング

1位 メルコール -ロードオブザリング強さランキング-

アルダの諸悪の根源であり初代冥王。強さという意味ではランキング一位は間違いなくメルコールである。もはや議論の余地もないほど圧倒的な強さである。最も強大なアイヌアであり、イルーヴァタールの主題に反逆し、兄弟たるマンウェの王国(アルダ)を力ずくで我が物にしようとして数限りない損害をアルダに加えた。アイヌアとしては酷寒と灼熱を生じさせた者だった。
スポンサーリンク