力の指輪

スポンサーリンク
ロードオブザリング

力の指輪の話

物語の中心となる指輪について詳しく解説します。指輪ができたのは中つ国第二紀の話。中つ国に残っていたエルフは愛着のある中つ国の荒廃を嘆き、いずれ衰えゆくであろう彼らの美や力を保護するための手段を欲していました。そこへ言葉巧みに近付いたのがサウロンで、非常に美しい姿を取って力と知識を伝えていきます。サウロンの力と知識は非常に珍重され、殊にケレブリンボールを領主としたエレギオンにおいて歓迎されました。
スポンサーリンク