第二紀

スポンサーリンク
ロードオブザリング

ロードオブザリング力の指輪 シーズン1、エピソード8解説

ロードオブザリング力の指輪、シーズン1、エピソード8の解説です。謎の老人の前に現れたのはサウロンの手下。しかし彼らの種族などは明らかになりませんでした。手下からはリューンの地という言葉が出てきましたが、リューンは中つ国の東方を大まかに指す言葉で、特にリューンの湖と灰色山脈の東側を指します。
ロードオブザリング

ロードオブザリング力の指輪 シーズン1、エピソード7解説

ロードオブザリング力の指輪、シーズン1、エピソード7の解説です。滅びの山が噴火しハーフット族も旅路の途中で噴火した火山弾を発見。ハーフット族の長老のセリフで「ここは緑森大森林」というセリフがあり、どこを旅していたのかがある程度推測できます。
ロードオブザリング

ロードオブザリング力の指輪 シーズン1、エピソード6解説

ロードオブザリング力の指輪、シーズン1、エピソード6の解説です。ついにアダル率いるオーク軍と南方国との戦争が始まりました。戦いの前にアロンディルがブロンウィンに渡していたアルフィリンの種はシンベルミネのことです。エドラスにある歴代のローハン王の塚山に咲いている花で、映画二つの塔にも出てきています。
ロードオブザリング

ロードオブザリング力の指輪 シーズン1、エピソード5解説

ロードオブザリング力の指輪、シーズン1、エピソード5の解説です。ハーフット族の移動のシーンから始まります。地図では徐々に南下していることから南方国に近付いていることが伺えます。そしてアダルが南方国へ侵攻しようとしているシーンへ。南方国の人々は大半が投降しようとします。エピソード3の解説で人間という種族について解説しましたが、人間は弱く、堕落しやすく、悪に誘惑されやすい種族です。
ロードオブザリング

ロードオブザリング力の指輪 シーズン1、エピソード4解説

ロードオブザリング力の指輪、シーズン1、エピソード3はヌーメノールが水没するミーリエルの夢から始まります。これは後ほどのシーンでも出てきますし、史実を知っている人であれば現実に起こることだとわかります。その後のヌーメノールのシーンではエルフを恐れる民衆に対してファラゾーンはエルフなど恐れる必要がないというようなセリフを言います。
ロードオブザリング

ロードオブザリング力の指輪 シーズン1、エピソード3解説

ロードオブザリング力の指輪、シーズン1、エピソード3はアロンディルがオークに連れ去られていくシーンから始まります。 エピソード1でガラドリエルと共にサウロンを追っていたエルフの「オークの姿もここ何年も見ていない」というセリフとの対比か...
ロードオブザリング

ロードオブザリング力の指輪 シーズン1、エピソード2解説

ロードオブザリング力の指輪、シーズン1、エピソード2は海に落ちたガラドリエルのシーンから始まりました。そして場面は変わって隕石に乗って落ちてきた謎の人物とハーフットの少女ノーリが出会うシーン。会話からトロル、人間、エルフの可能性が排除されます。イスタリ(魔法使い)の誰かとも思いましたが、原作ではイスタリが中つ国にやってくるのは第三紀ですし、船でやってくるんですよね。
ロードオブザリング力の指輪

ロードオブザリング力の指輪 シーズン1、エピソード1解説

Amazonプライムにてドラマ版ロードオブザリング、ロードオブザリング力の指輪が始まりました。まずは初回のシーズン1、エピソード1について解説していきます。冒頭はガラドリエルの幼い頃の思い出から始まります。ガラドリエルの声で物語が始まるというのは映画の1作目と同じ。映画のオマージュを意識しているのだと感じました。
ロードオブザリング

第二紀のあらすじ -ロードオブザリングあらすじ-

怒りの戦いでベレリアンドの大部分は崩壊しましたが、崩壊を免れたリンドンという地にフィンゴンの息子でノルドール上級王の地位を受け継いだギルガラドとキーアダン、そしてエルロンドが灰色港を創建し統治します。またエダインはヌーメノールへ渡り、人間の運命を選んだエルロンドの弟、エルロスがヌーメノールの初代国王となりました。
ロードオブザリング

第二紀 最後の同盟の戦い -ロードオブザリング全史-

3320年 エレンディル率いる4隻の船は中つ国のリンドンに流れ着き、ギル=ガラドの援助を得た。かれらはルーン川を遡ってイヴンディムに達すると、そこに北方王国アルノールを築いた。一方、二人の息子イシルドゥアとアナーリオンが率いる5隻の船は大河アンドゥインの河口に流れ着き、大河を遡ったところに南方王国ゴンドールを築いた。エレンディルはこれら亡国の民の王国全土の上級王と見なされていた。
スポンサーリンク