48位 ギルガラド -ロードオブザリング強さランキング-

スポンサーリンク
ロードオブザリング

中つ国における最後のノルドールの上級王。アイグロスの槍の使い手。

 

エルフの三つの指輪の一つ、風の指輪ヴィルヤの最初の守護者。

 

第一紀ではダゴール・ブラゴルラハにおけるフィンゴルフィンの死後、フィンゴルフィン王家と全ノルドール王国の王位を継承したフィンゴンの使者として、ファラス地方のブリソンバールとエグラレストの港に遣わされる。

 

ニアナイス・アルノイディアドの後、この地がモルゴスの軍によって攻撃されると、ギル=ガラドはキーアダンと共にバラール島に撤退し、そこに避難所を作り上げた。

 

やがてゴンドリンが滅亡しトゥアゴンが死ぬと、ギル=ガラドは中つ国のノルドールの上級王となった。

 

モルゴスが怒りの戦いで打ち破られるまで、ギル=ガラドとキーアダンはシリオンの河口で持ちこたえ、生き残ったエルダールとエダインの最後の拠り所となった。

 

第二紀でもサウロン相手に戦いを続け、最後の同盟の戦いではエレンディルと共闘。

 

当時のエルフと人間の力は強く、ギル=ガラドの槍アイグロスと、エレンディルの剣ナルシルには、何者も抗しがたかったという。

 

二人はサウロンを打ち倒したが、二人の上級王もまたこの戦いによって討ち死にした。

 

彼の死によって中つ国におけるノルドールの上級王は絶えたが、第一紀から活躍を続け、指輪王サウロンの野望を打ち砕いた英雄と呼ぶにふさわしい人物だろう。

コメント